中発販売株式会社中発販売株式会社

会社案内

CORPORATE PROFILE

会社案内会社案内
トップ > 会社案内

中発販売とは

3つの機能で、市場のニーズにお応えします。
中発販売とは
中発販売は、中央発條株式会社の販売会社であると同時に、
  • ・業務用の用途別各種リール・カスタマイズリールの製造・販売
  • ・オリジナルカー用品の開発・国内・海外カー用品の総合商社
として、事業を展開しております。

会社概要

社 名 中発販売株式会社
代表者 取締役社長 三浦 紀文
本社所在地 〒457-0066 名古屋市南区鳴尾2丁目114番地
従業員数 128人(2021年4月)
設 立 1966(昭和41)年11月1日
資本金 60,000,000円
売上高 81.3億円(2021年3月期)

経営理念

経営理念
私たちは、お客様に誠実に接し、喜んでいただける「商い」をします
  • ・息の長いお付き合い
  • ・私たちも儲けさせていただき、お客さまも儲けていただく
  • ・謙虚な気持ち
  • ・感謝の気持ち
  • ・可愛がっていただける会社
経営方針
  1. 社会に愛され社会に貢献する企業となる
  2. 希望と道義で明るく前進する企業となる
  3. 新しい知識を求め時代を先取りする企業となる
  4. チームの力を集め新たな市場に挑戦する企業となる
  5. 会社の発展により社員の幸福を高める企業となる
企業行動指針
当社は、法令や社会的規範、社会的良識に基づいた企業活動を誠実に遂行し、社会の持続的な発展に率先して貢献します。
一般事業主行動計画
一般事業主行動計画に関してはリンクをご確認願います。
健康経営
当社は、従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践する健康経営に取リ組んでおり、「健康経営優良法人2021(中小規模法人部門)」に認定されています。  
健康経営優良法人ロゴ
子育て支援
当社は、会社ぐるみ、職場ぐるみで仕事と子育ての両立支援に取り組んでおり、育児に優しい企業として「子育てサポート企業」(くるみん)に認定されています。  
くるみん星1つロゴ

沿革

当社は昭和41年11月1日、市販品販売強化のため、中央発條株式会社により、市販関係部門を独立させるとともに関東、東北地区代理店、ミツワ興業株式会社を合併し、設立されました。
1966年11月(昭和41年) 名古屋市緑区鳴海町に、中発販売株式会社(資本金30,000,000円)を設立。
1968年1月(昭和43年)資本金60,000,000円に増資。
1968年2月(昭和43年) 自動車用タイヤチェーンの販売を開始。
1968年8月(昭和43年) 自動車用シートカバーを自社ブランドとして開発し、以降販売を開始。
1969年5月(昭和44年) 国内主要レコードメーカーと音楽テープの販売契約を締結し、本格的な販売を展開。
1970年3月(昭和45年) モーターボート用メカニカルステアリングを販売開始。
1970年6月(昭和45年) 洗車用ホースリールを自社開発し販売を開始、以降各種ホースリールの販売を展開する。
1971年8月(昭和46年) 小型実用船向きメカニカルステアリング(ビッグマスター)を販売開始。
1972年3月(昭和47年) カークーラーの販売を開始。
1972年7月(昭和47年) 溶接用リール、その他特殊大型リールの自社開発による量産販売を開始。
1976年11月(昭和51年) 建設機械クレーン用ホースリール、コードリールを自社開発し、販売開始。
1979年11月(昭和54年) 箱型消火栓用手巻きホースリールの生産販売開始。
1980年7月(昭和55年) 船舶用排気管防振支持機(クッションエレメント)の販売開始。
1980年9月(昭和55年) 船舶用ニットメッシュ(KM)を受注、販売を開始。
1982年5月(昭和57年) 化学芳香剤「コンサイン」を自社ブランドとして商品開発し、販売開始。
1983年4月(昭和58年) 自動車用キャブレックス・チェーンを開発し、販売開始。
1984年6月(昭和59年) 自動車用キャブレックス・スポーツ(非金属チェーン)を開発し、販売開始。
1987年6月(昭和62年) 本社を緑区鳴海町より南区鳴尾に移転。
1989年10月(平成元年) 自動車用スーパーチェーン(特殊鋼チェーン)を販売開始。
1990年10月(平成2年) 自動車用コーニック社ノープロブレムチェーン(イタリア製)を販売開始。
1991年10月(平成3年) リモートコントロール・キー・システム「リモッキー」を中央発條(株)と共同開発し、販売開始。
1992年4月(平成4年) フォークリフト搭載用揚高検出リールの製造販売を開始。
1992年9月(平成4年) 自動車用システム・キャリア「モンブラン」を販売開始。
1993年2月(平成5年) 電気自動車用充電リールの製造販売を開始。
1994年3月(平成6年) 自動巻「オートタープテント」を開発し、販売を開始。
1994年11月(平成6年) 「リモッキー」の姉妹品「リモッキー・ミニ」を中央発條(株)と共同開発し、販売を開始。
1997年1月(平成9年) フォーミュラ日本ブランドカーアクセサリーライセンス商品を販売開始。
1998年8月(平成10年) カー指圧を開発し、販売開始。
1999年4月(平成11年) 電動シャッター非常停止信号リールを自社開発し、販売開始。
2001年4月(平成13年) 自動車用盗難警報機「セイバー」を販売開始。
2001年7月(平成13年) 介護搭載車椅子転落防止用ベルトリールを開発し、販売を開始。
2001年9月(平成13年) エフ.イー.シーチェーン販売開始。
2001年11月(平成13年) 舞台装置吊り物器具用長さ計を製造、販売を開始。
2002年3月(平成14年) 雨用ワイパーブレード「レビュー」を企画し、販売を開始。
2002年12月(平成14年) アンサーバックシステムを企画し、「セイバー」のシリーズ化を拡大。
2003年4月(平成15年) 高所作業用搭載アウトリガー用長さ計リールの製造、販売を開始。
2003年7月(平成15年) バルク車搭載LPG用ホースリールの製造、販売。
2003年10月(平成15年) タンクローリー車用自動巻アースリールを自社開発し販売開始。
2004年8月(平成16年) システムキャリア「スーリー」の国内市販を担当販売。
2005年7月(平成17年) オーディオヴィジュアル用品「L&V」ブランドを販売開始。
2006年4月(平成18年) リール部門を中央発條(株)三好西工場に移転し生産を開始。
2007年7月(平成19年) 中央発條(株)と「簡易型動トルクチェッカー」を共同開発により2機種を全国販売開始。
2008年6月(平成20年) オリジナルHIDの販売開始。
2008年9月(平成20年) 新型ツールバランサー「極み」を製造、販売開始。
2010年6月(平成22年) 愛知県半田市にリール工場を新設。
2010年11月(平成22年) 工業用リール「Reelex」ブランドを立ち上げる。
2011年6月(平成23年) 自動巻き「バリアリール」の製造・販売を開始。
2013年9月(平成25年) 「ベルトパーテーションLong」を販売開始。
2014年5月(平成26年) 「バリアリールminiポータブル」の製造・販売を開始。
2014年6月(平成26年) 「新型電動ホースリール」の製造・販売を開始。
2014年10月(平成26年) バリアリールminiポータブルが「グッドデザイン賞2014」を受賞。
2015年8月(平成27年) 「バリアリールLong」の製造・販売を開始。
2015年10月(平成27年) 小型エアーリール「リーレックス エアーS」の製造・販売を開始。
2015年10月(平成27年) バリアリールLongとリーレックス エアーSが「グッドデザイン賞2015」を同時受賞。
2016年2月(平成28年) 自動巻ツインロープリール内蔵「サインロープリール」の製造・販売を開始。
2016年9月(平成28年) 台車用荷締リール「LocFIT(ロックフィット)」の製造・販売を開始。
2016年9月(平成28年) 軽量プラスチックチェーン内蔵「サインプラチェーン」の製造・販売を開始。
2016年12月(平成28年)自動巻散水ホースリール「リーレックス ウォーター」の製造・販売を開始。
2017年3月(平成29年) 「バリアリールwide」の製造・販売を開始。
2017年5月(平成29年) 「Wバリアリール」の製造・販売を開始。
2017年6月(平成29年)「バリアロープリール」の製造・販売を開始。
2017年9月(平成29年) 三角コーン用表示板「BIGバリアボード」の製造・販売を開始。
2017年10月(平成29年) プラチェーン内蔵伸縮ポール「バリネオ」の製造・販売を開始。
2018年3月(平成30年) 中型エアーリール「リーレックス エアーM」の製造・販売を開始。
2018年10月(平成30年) 「WバリアリールWide」の製造・販売を開始。
2020年1月(令和2年) 「バリアリールMAX」の製造・販売を開始。
2020年6月(令和2年) 「Wバリアリールmini」の製造・販売を開始。